×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

猪八戒の概要

猪八戒の概要

中国語では家猪はブタ、野猪がイノシシを意味し、単に「猪」といえば通常はブタのことをさす。元代の「西遊記」の原型となる物語では、「猪」と近似した発音の「朱」を名字としていたが、明代に皇帝の姓が「朱」であったため、避諱によりもとの意の通り「猪」を用い、猪八戒となった。 元々は、摩利支天の配下・御車将軍を経て、天界で天の川を管理し水軍を指揮する天蓬元帥だった。女癖の悪さで知られ、酔った勢いで広寒宮の嫦娥(月に住む女神)に強引に言い寄った為、天界を追われて地上に落とされた。人間に生まれ変わるはずが、誤って雌豚の胎内に入り、黒豚の妖怪となった。 その後、福陵山雲桟洞の卯二姐(妖怪)に婿入りするも死別し、人を喰らうようになった。ある日、天竺に経典を取りに行く人物を探していた観音菩薩と出会い、慈悲を乞うと、「猪悟能」という名と八斎戒を与えられた。 その後、烏斯蔵国で商業を営む高翠蘭に婿入りし、好き放題やっていた所、観音菩薩の約束通り訪れた玄奘三蔵に弟子入りし、孫悟空、沙悟浄らと共に天竺まで経典を求めて旅をした。道中においては敬虔な仏教徒として描かれ、煩悩と戦いながらも飲酒・生臭食・女犯を犯すことは無い。 一般的なイメージ [編集] * 太鼓腹に長い鼻のある豚の顔 * 怪力 * 好色 * 食欲旺盛 * 楽天的 * 嘘つき * 欲が深い * 怠け者 * 愚か * 武器は釘?(ていは)。九本の歯を持つ熊手を思わせる馬鍬(まぐわ)風の農具で、太上老君の作。 その自由奔放で人間くさい性格から、中国では孫悟空以上の人気を誇る[1]。また、中国では「猪八戒吃人参果(猪八戒が人参果(架空の不老長寿の果実)を食べる)」(猪八戒は人参果の味が分からないので、物の価値や有難みを理解しないこと、日本の「猫に小判」「豚に真珠」と同義)など、猪八戒を題材とする諺も生まれた。 イスラム諸国で西遊記があまり読まれない理由は諸説あるが、猪八戒(イスラム教では豚が忌み嫌われている)の存在があるためであるとの説が有力視されている。 名前の遍歴 [編集] * 天蓬元帥(天帝の任命職名) * 猪悟能(観音菩薩が名づけた法名) * 猪剛鬣(婿養子の際の自称) * 猪八戒(玄奘三蔵による通称) * 浄壇使者(釈迦如来の任命 仏に捧げられたお供え物の始末を一手に引き受ける−自分で食べてしまってもよい) その他 [編集] * 日本で初めて猪八戒をブタであると正しく訳したのは、新聞記者・随筆家の弓館小鰐である。東京日日新聞に連載され、1931年に改造社から刊行された弓館訳『西遊記』の中で使われた。なお、それ以前の『通俗西遊記』(1858年)などにおいては、イノシシであると訳されていた。


[PR]  ツタヤディスカス おまとめローン 比較 筋トレ 方法 薄毛 プラセンタ 妊婦 占星術の電話占い・メール占い|手軽で安心な悩み相談-エムテアーへようこそ


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』